忍者ブログ
自作小説の一文を書いたり書かなかったり書きっぱなしで放置したりとりあえず軽く文章書き殴る場所、即ち自己満足空間
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春風吹き込む丘の上。街の全貌が見渡せる場所に私はいる。私はすでに20年間ほどじっとこの丘の上に佇んでいる。

私が土の中から顔を出した時は平たんな町並みも20年経った今では高い建物がそびえ建ち、丘の近くには学校も出来た。しかし20年もずっと同じ場所で街を見渡しているとなかなか変化に気づかないもので、実際には多きな変化でも、思い返せば変わったなという感じだ。

そんな私の最近の楽しみは近くの学校からやってくる少女だ。少女はいつも夕方近くにやってきて私の元にきては町並みを見渡せる場所に座り込み、絵本を広げ、朗読を始める。

私は少女が読み上げる話に聞き入った。時には王子様がお姫様を救う話、時には人形が踊りだし人を幸せにする話、時には人魚が人間に恋をする話、時には竜と戦う勇敢な少年の話。少女は来るたびに違う話を持ってきた。

いつの日からか私は少女が来のを待ち遠しいと思うようになっていた。雨で来ない日などはとても悲しく、また、雨に対して怒りもした。

夕方近くに来るとやってきて絵本を読み帰っていく。そんな日々の終わりは突然来た。ある日を境に少女は全く来なくなってしまった。

少女が来なくなってから私はとてつもない喪失感に襲われた。それと同時に必死に街を見下ろし少女の姿を探した。しかし見慣れた街でも高い建物が多くなり見にくくなっていて見つけることはできなかった。

一体何があったのだろうか。どこか遠い所に行ってしまったのだろうか。事故や事件に巻き込まれたのではないだろうか。それともこない内にここのことを忘れてしまったのではないだろうか。そんな思いが私の心を支配しつづけていた。

しかしそんな心配をよそに時は無情に流れていく。少女が来なくなっても私はずっとこの丘から離れない。何年も何年も、私はここに居続けるだろう。

少女がここに来なくなってから何年か経ち、街並はまた変わり、更に建物が増えた。最近ではもう昔の姿を思い出すのが困難なほどになっていた。

町並みが変わっていくと私は変わり行くことに不安を感じていた。変わるということは時が流れるということ。いずれ私は誰からも存在を忘れられるのではないだろうか。そのような思いに捕われるようになった。

不安を抱えつつも時は流れる。とある晴れた昼下がり、子供達が大勢ここへやってきた。その中にいた一人だけいる大人の女性が子供達を私の周りに集まるように言い、少女がいつも座っていた場所に座り込んだ。

彼女は一冊の絵本を取り出すと読み始めた。そして私は理解した。彼女はいつかここに来ていた少女なのだと。

理解すると同時に私は彼女がここを忘れたのではないと知って嬉しくなった。そして生きていてくれたことを感謝した。

彼女は姿こそ変わったが、しかし何もかもが変わったわけでは無かった。

夕方になると彼女達は帰っていった。きっとまた明日も来るだろう。それでもいつかわ来なくなる。時の流れとは変化だ。

しかし少女が変わらなかったようにきっと変わらないものもある。だから私はずっと変わらずにここにいよう。そして私が見ている世界の変化を見届けよう。

少女の変わらぬ声を心にやどしながら。
PR
「そうだ、皆死ねばいいんだ」

ぽつりと呟くと隣にいた紗江がぎょっとした顔でこっちを見た。

「何よ」
「それはこっちの台詞ですぜ朝美さん。さらりと何を思春期の中学生のようなことを」
「茶化さないで、真剣なんだから」

そいつはすまんなだ、と手で自らのオデコを叩きながら茶化してくる紗江。ほんと冗談じゃない。

「っていうか私中学生だし」
「小学生だとでも思った?」

ん?と満面の笑顔で返してくる紗江。なんて鬱陶しいんだろう。とりあえず無視しよう。

「何よ何よ何なのよ、全クラス中ビリって何の陰謀よ」
「いやーテストの結果で皆死んだらたまんないね」

私の後ろに黒い背景が見えそうな中全クラス中1位の人間がのたまうた。

「いいよね紗江は。頭もいいしスポーツ万能、少し分けなさいよ」

少しいじけて言うと紗江はフッと微笑んだ。

「人間学力や運動が全てじゃないよ。朝美にだってきっといい部分があるはずよ」
「紗江・・・」
「遅刻王で忘れ物は日常茶飯事でよく授業中いつも居眠りしている朝美だけど」
「紗江?」
「大丈夫!朝美はきっと一番になれる!」

勢い良く立ち上がって人差し指を天井に向ける紗江。なんだか凄い輝いている。

「何の?」
「馬鹿の!」

非常に眩しい笑顔で親指を付き立てた紗江をとりあえず叩いた。

「ああ、もうほんと皆死ねばいい」

そう言うと机に突っ伏した紗江が笑いを含みながら言った。

「大丈夫、朝美は絶対明日になったら忘れてるから」

反論できないのがちょっと悲しかった。
静寂を示す夜。晴れた空に浮かぶ星や月が建物を照らす。今日も静かな夜がやってきた。人々が眠りだす時間を爆音が破った。先ほどまで健在だった建物の破片が空へ舞い赤き炎を夜空に舞う。

壊れた壁、そして舞い上がる炎を背に走る人影が二つ。息を切らして何かから逃げるように建物の中を走り回る。手を繋いで、前の少年は後ろにいる少年を引っ張って、後ろの少年は前の少年に必死に着いて行こうと足を動かす。

そんな二人を遮るように前方で爆発が巻き起こる。爆風で二人のフードが取れ、金色の神と黒い髪が現れた。目の色は二人とも青く、しかしその眼に写している炎が赤く燃え上がる。

「カイル、下がれ!」

金髪の少年が黒髪の少年、カイルを庇うように前に出る。その目線は目の前の炎から離れない。ゆっくりと後ずさりしながら炎から離れて行く。

「兄さん」

カイルが不安そうに兄の名前を呼ぶと同時位に炎の中に人影が現れた。人影はゆっくりと少年達の方へ歩いてくる。炎から出てきた人影の右腕には銃器。それを見た瞬間金髪の少年はカイルを抱えて左手のドアへ体当たりのように飛び出した。

二人が部屋に入ったと同時に銃声。急いでカイルを助け起こして逃げようとするが、目の前を見ると壁があるだけで逃げ場が無い。

部屋の外で銃声が止まない中、少年は何かが壊れるような音を聞いた。部屋を見渡すと壁に亀裂が入っている。亀裂は壁から床へ広がっていき。二人が立っていた床を崩した。

「カイル!」

落ちながらも悲鳴を上げるカイルを抱き寄せて重力に身を任せた。二人が地面に衝突する少し前に建物が完全に崩壊を始めた。

もはや原型を残さない建物は炎上し、星や月が建物を照らすように、炎は月夜を赤く照らした。
気づいたらいつも同じ部屋にいる。ドアがない不思議な部屋。机もなくベッドもない。けれど部屋には写真が入った額が壁という壁に下げられていたりバスケットボールが無造作に転がっている。そんな不思議な部屋に僕はいる。

僕はいつもその部屋のまんなかで座っている。座りながら壁を見渡して写真を見るのが好きだからだ。

周りを見渡せば写真には沢山の人が写っている。僕と同じくらいの年齢の少年や少女。ちょっと年をとったおじさんやおばさん。体格がしっかりとしたユニフォームを着たお兄さん。色々だ。

その中で一際大きい額に入った写真が僕のお気に入りだ。笑顔がとてもよく似あう可愛い女の子。気づけば僕はずっと見ている事がある。

時間が経てば経つほど部屋に写真が増えていく。僕はそれがとても楽しみだ。ほらまた新しい写真が現れた。

その写真がいつもとちょっと違うことに気が付いた。正確に言うと写真ではなく額の方がいつもと違う。すこし黒ずんでいる。

写真には爽やかな笑顔の少年が写っている。なんだかかっこいいなと思う。

部屋に変化が現れ始めたのはその写真が現れてからだった。いつものように写真を見渡していると一部の写真が破れていた。

破れた部分には何が写っていただろうか。確か僕と同じ位の年の少年だったと思う。僕は首をかしげた。でもそれだけだ。

どの位時間が経っているのかは、いつも分からない。でも時間が経てば経つほど写真が増えていった。これまでは。

最近はどんどん今までの写真が破れて無くなっていく。どんどん部屋が寂しくなっていく。でも僕は動かなかった。

少ししたらバスケットボールがズタズタになっているのに気づいた。ユニホームを着た選手の写真も無くなっている。それでも僕は動かなかった。

僕はまたいつものようにあの可愛い少女の写真を見た。少し切れ目が入っていることに気が付いた。いったいなんだろう。時間が経つにつれて切れ目はどんどん大きくなっていく。切れ目はついに半分まで達して、そしてまた時間が過ぎると写真は真っ二つになって消えて無くなってしまった。やっぱり僕は動かなかった。

部屋を見渡すと少女の写真に気を取られて分からなかったが写真が二枚しか無くなっていることに気がついた。黒ずんだ額に入った少年の写真と、それとはまた別の少年とおじさんとおばさんが一緒に写っている写真しか無くなっていた。

少しすると少年の写真が燃え始めた。下からどんどん燃えていき、ついに灰になった。動く気にもならなかった。

ついに写真が一つになった。僕が部屋の真中から眺める写真が一つになってしまった。

最後の写真に切れ目が入った。

僕は動かない。

切れ目がすこしずつ大きくなっていく。

僕は動かない。

切れ目が半分まできた。

僕は動かない。

切れ目がどんどん大きくなっていく。

僕は。

もう少しで写真が半分に切れそうだ。

僕は部屋の真中から立ち上がるとその写真に走り寄った。

写真を必死に直そうとする。けれど僕の意に反して切れ目は大きくなっていく。

涙が出てきた。

写真の切れ目を両手で必死に押さえ込む。

切れないで。

切れないで。

けれど、僕の叫びは届かずに、写真は切れて無くなってしまった。

僕はゆっくりといつもの部屋の真中に戻って座った。

周りを見渡しても何も無い。

寂しい。

僕の目から一粒の涙が零れ落ちた。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
極月
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メガネかけて陰気そうでインドアに見られがち
しかし実際はアウトドア派
うん、どうでもいいね
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
アクセス解析